2月12日現在 まだ荒れ地のままです。

2月9日にプレスリリースを出してから、各方面からお問合せを頂いております。 ありがたいとともに、ノリでプレスリリースを出した事を少し反省。 今後、随時こちらで状況をご報告させて頂きます。 2月12日現在、予定地は、まだ荒れ地のままです。 この雪も少し溶けたかなぁ?という程度ですね。 先日、業者の方から計画書が届きました 予定としては、現在の荒れ地を簡

続きを読む

家族で楽しめる大型公園「万葉クリエートパーク」

「万葉クリエートパーク」は、ドローン練習場ブーメランから車で約7分、4.8キロのところにあります。 ドローンの飛行練習ついでに、ぜひ足をのばして立ち寄ってみましょう。 郊外ならではのうれしい大型公園施設 万葉クリエートパークは、宮城県黒川郡大衡村のほぼ中央に位置している公園型の大型レクリエーション施設です。 大衡村が運営する形で2003年に開園し、敷地面積は広大な3

続きを読む

耐火性ドローンは建築物の形に沿いながら飛び、火事から人々を守ります

ドローンは怖いものがありません。人間にはとても行けない場所へも行くことができます。 どんなに危険な場所でも、どんなに熱い場所でも恐れることなく飛び込んでいって、そして我々の期待通りに戻ってくるのです。 例えば韓国先端科学技術大学(KAIST)から発表された、建物の形状に沿って飛ぶドローン「ウォールクロウイングドローン」にも素晴らしい活躍を期待することができます。 このドローンは、

続きを読む

ドローンが湖に落ちた?心配ご無用!

ドローンが空を飛べるのはバッテリーをそのボディに積んでいるからです。 バッテリーが切れてしまうと当然ドローンは降下を開始します。降下といっても、着地点が大地の上では心配する必要はありません。 でもそれが水の上ならば話は別。you tubeでは、バッテリーが切れそうになっているドローンを必死に陸地まで誘導しようと奮闘する操縦者の姿と、検討虚しく湖に落ちてしまうドローンの映像がよく

続きを読む

アメリカでのドローンの所有は登録制に

もしあなたがアメリカに住んでいて、且つドローンを持っているのならば2016年2月19日までに登録をすることがFAA(アメリカ連邦航空局)によって義務づけられました。 5ドルの登録料が必要になります。 昨年12月にFAAは重さが225グラム以上25キログラム以下の全てのドローンが登録されなければならないと発表しました。 25キログラム以上のものは全て航空機として登録されます。

続きを読む

天空の目

エミレーツエアライン社とボーイング社が提供するサービス「天空の目」で、空からシアトルを見下ろすドローンの映像をお楽しみください。 スペースニードルタワーとシアトルの夕日を見せてくれる「天空の目」 シアトルは「天空の目」シリーズで公開されている19以上のスポットの中でも最も人気のある場所の一つです。 エメラルドシティは素晴らしい景観の場所です。湖岸の通りや地平線、ガスワーク

続きを読む

ドローンの練習場を作る

何か新しい事をはじめようとするとき、実にあっさり行動している時があります。 今回はまさにこのパターン。 スマホアプリで空き地を探して、不動産屋さんに即アポ。 前日、こんなツイートをしていました。 趣味ではじめたドローンも1機、2機と増え、今月末にPHANTOM 3導入予定。本格的に飛ばす場所がほしく、明日は不動産屋さんと打ち合わせ。事業化したい。 — 石田

続きを読む

世界最小のカメラ搭載ドローンをご覧あれ。最新のマシンをあなたの手に!

それをドローンと呼ぶのか?クワッドローターと呼ぶのか?無人航空機と呼ぶのか?なんでもいいです。どうぞ好きに呼んでください。 肝心なのは名前ではありません。この小さな空飛ぶリモコン式のおもちゃが巻き起こしたムーブメントです。ドローンはここ数年の間ですっかり私達の関心を独占するようになりました。 現在市場にはたくさんの種類のドローンが出回るようになりましたが、TRNDlabs社が新たに発売

続きを読む