ルールを守ってドローンを操縦しよう

ドローンは使い方を間違えると事故になったり、誰かを傷つけてしまうこともあるから、平成27年の9月に法律にドローンのような操縦できる空飛ぶマシンに関するルールが付け加えられ、平成27年12月10日から運用がスタートしました。

みんなが安全に楽しくドローンを使うには、ルールを作ってみんなでそれを守っていかなくてはいけません。

ドローンやラジコンを使うためのルール

1、まず、このルールの対象となる機械とは

無人飛行機って?

「人が乗ることができない飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの」つまりドローンや、畑に農薬を撒くためのラジコンヘリコプターなどのことです。

でも重さが200グラム以下の場合は、「無人飛行機」から除外され「おもちゃ」の範囲になります。

2、ドローンのような機械を飛ばす場合は、ルールを守らないと罰金を払わなくてはいけなくなります。

(1)飛ばしたらダメな場所

kuuiki


A、150メートル以上の高さ(空を飛んでいる飛行機にぶつかってしまうかもしれないから)
B、空港の近く(飛行機が着陸するために低く飛んでいるから)
C、人が住んでいる場所(もしドローンが壊れて落ちた時に誰かにあたってしまうかもしれないから)

(2)飛ばす時のルール

太陽が出ている間にすること

■夜間飛行は禁止です。



ちゃんと自分の目で確認しながら飛ばすこと

■目視外飛行は禁止です。



建物や、他の人との間には30メートル以上のかんかくを開けておくこと

■建物や、他の人との間は30メートル未満の飛行は禁止です。



お祭りなど、人がたくさん集まる行事の上では飛ばさないこと

■お祭りなど、人がたくさん集まる行事の上では飛ばさないこと



爆発するような危ないものを運ばないこと

■爆発するような危ないものを運ばないこと



空から物を落とさないこと

■空から物を落とさないこと


これらの決められたルールを守ることができないような場合は国土交通大臣の許可をもらう必要があります。

3、注意しないといけない点

A、飛ばす場所

  • 空港の周辺では急上昇した時に飛行機にぶつかってしまうかもしれません。空港の近くでは操縦しないようにしましょう。
  • 空港以外の場所でもヘリコプターなどが着陸するような場所では操縦しないようにしましょう。
  • 故障した落ちた時に誰かにぶつかったらケガをさせてしまいます。人がいる場所の上では操縦しないでください。学校や病院の上などがそうですね。
  • 高速道路や線路の上に落ちてしまうと大事故になってしまいます。そのような場所でも操縦はしないようにしましょう。
  • トンネルなどの物陰からは急に車や電車が出てくることがあります。十分に距離をとって操縦しましょう。
  • 電線にひっかからないように十分に距離を取りましょう。

B、操縦する時は

  • お酒を飲まないようにしましょう。
  • 天気はいいか、風は吹いてないか、故障してないか、バッテリーは足りているか、ちゃんと確認してから操縦しましょう。
  • 回りに障害物はないか、ルールは守れている場所か、確認しましょう。
  • できるなら他の人にまわりを確認してもらいながら操縦しましょう。

C、普段から

  • 故障しないように定期的に点検をしておきましょう
  • 急な風などでドローンが飛ばされそうになることがあります。そのような場合にもしっかりと操縦できるよう日頃から練習をちゃんとしておきましょう。
  • ドローンは、他の人や物にぶつかった時にケガなどをさせてしまう場合があります。あらかじめ保険に入っておきましょう。

D、もしもの時は知らせてください

  • 万が一ドローンが他の人にぶつかったり、何かを壊してしまった時は、今後のために国土交通省へ知らせてください。

E、そのほか

  • ドローンなどのラジコンは電波を使って操縦します。だから電波に関するルールも守らなくてはなりません。場所によっては公園や神社でドローンなどの操縦を禁止している場合があります。そんな看板を見て時は操縦しないようにしましょう。
  • カメラがついているドローンで撮影した内容をインターネットで公開する時は、他の人のプライバシーを守るようにしましょう。
  • ドローンなどを使って他の人を傷つけてはいけません。

ドローンを飛ばすルール
詳しくは国土交通省のHPを参考にしてください。
「無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール」

コメントは受け付けていません。